« マンリョウ | トップページ | 雪割草 »

プリムラ

080211_008
ウンナンサクラソウの園芸品種でプリムラ・サーティワン(31)といいます。
友人から種を分けて頂き秋に蒔いたのが咲き出しました。
最初の花なのでちょっと形が変ですが・・・これから次々と咲くはずです。
親の雲南桜草より色が濃いですね。花の期間が長いそうなので楽しみです。

|

« マンリョウ | トップページ | 雪割草 »

コメント

三太郎さん、こんにちは。
雲南サクラソウの品種にこんなコがいたんですね。
サーティーワンという名前はどこからきているんでしょうね。
私のところも今年はどういうわけか雲南サクラソウのほうがプリムラ・シネンシスよりも早く咲き始めました。
セツブンソウも2年ぶりか3年ぶりで花が見られそうですよ。
今日驚いたことは、ネモフィラが咲き始めていたことと、ヘリオフィラにもう花芽があがっていたことでした。

投稿: keitann | 2008.02.11 17:51

雲南桜草の淡いピンクも好きですが、この濃いピンクも春らしくてよいですね。

「31」の意味は不明です。知ってる人がいたら教えて!

ところで横浜はまだまだ寒くて、セツブンソウの鉢もまだ芽が出てきません。
ずっと出てこなかったらどうしよう(^^;

こちらの春はもう少し先のようです。

投稿: 三太郎 | 2008.02.11 21:29

無事開花 おめでとうございます。
香りもすると思うのですが、鼻炎の私には分かりません(;;)
雲南桜草の葉より、ごつい感じの葉ですね^^;
それにしても 「31」いったいどんな意味があるのでしょう???

投稿: もこまま | 2008.02.12 10:47

もこままさん、こんばんは。

>「31」いったいどんな意味があるのでしょう

サーティーワンというアイスクリームのお店がありましたが・・・関係ないでしょうね?

ところで、雲南桜草には淡い香りがありますから、31も香るかも。
もう少し咲き進んだら確かめてみます。

投稿: 三太郎 | 2008.02.13 05:47

はじめまして。検索で立ち寄りました。
千葉大園芸学部の三位(みい)教授の名前をもじって命名されたそうです。バイテクの研究者です。

投稿: conocono | 2008.02.18 23:55

conoconoさん、はじめまして!

三位正洋教授のことを教えていただき有難うございます。

P. filchinerae(雲南桜草)とP. sinensisとの種間交雑なんですね。
薄いピンクの花と白い花を掛け合わせて、こんな艶やかな色の花ができるとは驚きです。

投稿: 三太郎 | 2008.02.19 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11337/40085494

この記事へのトラックバック一覧です: プリムラ:

« マンリョウ | トップページ | 雪割草 »